人気のある職種|果物や野菜を育てる農業を仕事にしよう|求人を見つける方法

果物や野菜を育てる農業を仕事にしよう|求人を見つける方法

メンズ

人気のある職種

作業員

仕事の一番のやりがい

職業安定所などで求人情報を確認すると、大工の求人を多く目にできます。実は、大工は東京などの都市部、地方で人手不足なので、求人はかなりあるといわれています。大工の主な仕事は、建築士、工務店が作った設計図を元にして建物を一から作り上げる事です。たとえば、建物の基礎となる骨組みを建てたり、窓の取り付け、屋根や外壁の下地を造ります。その他にも、部屋の内部を設計図通りに繊細に仕上げていきます。自分が建てた建物が形として長く残る事が、大工の最も大きなやりがいといえます。また、大工として働いて、知識、経験、人脈を作り上げれば、独立する事も可能です。将来性も高い仕事なので、若者を中心に人気のある職種といえます。

最初の数年が大事

大工の求人に応募して採用された場合、最初の数年は辛抱する事が大事です。というのも、大工などの職人と呼ばれる職業は、下積みが大事になるからです。一人前として認められるまで、最低でも10年間は要するとされているからです。大工として働き始めると、基本的に最初の数年は物品の運搬などの雑務を中心に行います。その他にも、清掃作業、大工で使う道具の手入れなどを任されます。なので、一般的にイメージする大工仕事に携われないことが多いです。そのため、辛抱できずに辞めてしまう人も多いとされています。下積みの期間は、先輩方の技術を直接見て、学ぶことができる貴重な期間とも言えます。なので、これからの礎を築く期間として、大切に過ごす必要があります。