建設業界で働くには|果物や野菜を育てる農業を仕事にしよう|求人を見つける方法

果物や野菜を育てる農業を仕事にしよう|求人を見つける方法

メンズ

建設業界で働くには

男の人

建設業界の人手不足

数年前までは建設業界には不況の波が吹き荒れており、仕事がないという状況が続いていました。しかしここ数年、世間の景気が上向いてきたことや、東日本大震災以降の建設特需、更には東京オリンピックに向けた需要の増加などにより、建設業界を取り巻く環境は大きく変化しました。仕事が増え、経営状態が上向く企業が多い一方、特に地方の現場においては、職人を始めとする人員不足が大きな問題となっています。東北や関東への一極集中が目立っていて、地方では仕事はあるものの人がいないため、うまく仕事が進まない、現場が回らないということが頻繁に起こっています。そういった観点から、施工管理に関する採用は増えているというのが現状です。

資格があれば有利

それでは施工管理業務に就きたいと考えている場合、希望通りに採用されるためには何が必要なのでしょうか。最も有利なものとして、建築士の資格があります。大学などの建築学科出身の場合、二級建築士の資格を取得しているケースが多いと思いますが、非常に有利であるといえるでしょう。更に上位の一級建築士であれば尚更歓迎されることでしょう。その他にも建築施工管理技士の資格も役に立ちます。工事の種類によっては施工管理に携わる人間が前述のような資格を持っていることを必須とする場合もあるので、重宝されるでしょう。このような点から、採用に関して有利になると言えます。また、資格も重要ではありますが、採用に当たっては経験も重要視されます。