果物や野菜を育てる農業を仕事にしよう|求人を見つける方法

男の人

建設業界で働くには

男の人

近年建設業界では、人手不足が深刻となっています。特に地方においては現場で働く職人だけではなく、施工管理を行う人間が足りず、仕事はあっても受注できなかったりスムーズに回らなかったりということが起こっています。資格取得者や経験者は採用に当たって有利になるでしょう。

Read

人気のある職種

作業員

大工は、都市部、地方などをはじめ、比較的、求人が多くある職種です。大工の一番の魅力は、自分が携わった建物が形としていつまでも残る事です。ただ入社して最初の数年間は、下積みの時期となるので辛抱する事が大事です。

Read

野菜や果物を作る仕事

男の人

企業が参入し始めている

就職と言えば求人がある会社に入ることというイメージがありますが、近年では農業においても求人が大々的に行われています。その背景には農業を行っている人の高齢化が進み、担い手が少なくなっているという現状と同時に、農業も個人が行うものではなく企業が参入し事業として行っている会社が増えてきているという点が上げられます。そのため「農業=天候による作物の出来によって収入が左右される厳しい仕事」ではなく、通常の会社員のように給料をもらいながら行える仕事としての広がりを見せ始めています。そのため、求人誌などにも農業を行う仕事の求人情報が掲載されており、社会保険などもきちんと完備しているところも増えてきています。

いずれは独立したい人も

農業は収入が安定していれば人間関係などに悩むこともあまりなく、特に植物に触れることが好きな人には好きなことができる仕事であると言えます。農業で自立することを目指す人もまずは法人となっていたり、企業が参入している農業部門などで働いて安定した収入を得ながら農業についての知識を得て、それから自分の本当にやりたい農業をやるために独立をして就農する、という人も増えてきています。独立をするためにはもちろん努力も必要となりますが、直売所など自分の作ったものを直接消費者に届けることができるという販売経路も確立されていますので収入も昔よりは安定しやすくなっていますし、一般的な企業に勤めるサラリーマンよりも充実感があると感じている人も少なくありません。

輸出入業務の勉強

男女

貿易の業務に携わるためには、研修を受けるのもひとつの手段です。通信教育もありますし、実務に役立つ知識も得られます。ただし検定を受ける場合には、その検定の取得が目的とならないようにすることも必要となります。

Read